不動産登記は懇意の司法書士に依頼しよう | 不動産投資を考えるメディア

不動産登記は懇意の司法書士に依頼しよう

シェアする

不動産登記は司法書士に依頼するのが一般的

不動産登記は司法書士に依頼するのが一般的

不動産登記は不動産の取得や売却を行った場合に必要になるものです。不動産登記は資格が無くても行うことが可能ですが、非常に多くの書類を揃えなければならず、事務手続きも煩雑であることから司法書士に依頼することが一般的になっています。書類の漏れや不備があれば不動産売買に支障をきたすことがあるためです。

司法書士に依頼した場合は所定の書類を揃えることに専念する事が出来ます。不動産は基本的に売主と買い手の同意が必要で、売買契約書か所有権が移動したことがわかる書面が必要です。

売り主の印鑑証明や買い手の住民票など必要書類が多いのは、不動産登記の変更によって税の変化も発生するからです。不動産投資ではなく、相続などの場合であっても固定資産税などの税の移動は発生するため必要な書類が多くなるのです。

場合によっては司法書士だけでなく、税理士にチェックをして貰った方がいい場合もあります。また、自分の物件を売却する場合は不動産の再鑑定で価格が上下することもあります。地価の下落や上昇などによって不動産価値は上下するだけでなく、建物がある場合は経年劣化による価値の変化が起こります。

会計時には減価償却という形で経費に計上して税金対策ができますが、売却時にどの程度の価値があるかは改めて調べた方が良いこともあるのです。差益や差損も不動産投資で忘れてはいけない重要な数値になります。

自分で勉強をして不動産登記をして費用を節約するのも一つの方法ですが、頻繁に不動産の取引をしなければ労力にあった節約ができるとは限らないのもポイントになります。

特定の司法書士と相談できるようにしておこう

特定の司法書士とも相談できるようにしておこう

不動産会社経由で登記の手続きを代行して貰う方法もありますが、費用が高くなりがちな点に注意が必要です。これは不動産会社が各種代行手続きを行うため人件費が加算されるのと、取引する司法書士事務所が決まっている場合が多いからです。自分で司法書士事務所を探して契約する手間は省けますが、費用は増える傾向にある点には理解が必要になります。

大切なのは、どのように不動産投資を続けていくかです。一つの不動産会社としか取引せず、司法書士事務所ともかかわりのないまま済めば問題は軽減されるものの、別の不動産会社を経由して物件の購入や売却を検討する場合はそのたびに費用が加算されていきます。

司法書士事務所を探す手間は省けるものの、長期にわたって不動産投資を行う場合は自分で相談できる事務所を持っておいた方が良いのです。不動産投資は長期運用が前提になるため費用の節約は非常に重要になってきます。

司法書士に相談する際も、身近な地域で相談するのか全国規模の法律事務所に相談するかでも大きく相場が異なる場合があります。不動産登記の手続きや税の発生は変わらないものの、各種手続きの費用は上下するからです。

一般的に大手事務所は作業を効率化することで低コスト化を進めています。個人の司法書士事務所であっても価格競争に対抗するために費用を安めにしている場合があるため、比較した上で検討するのもおすすめです。

不動産投資は手続きが多いからこそ手間を惜しめば費用も高くつく形になります。利益を確保するために、手続きを誰にどのようなルートで依頼するかが重要になるのです。

不動産登記手続きは電子申告もできる

不動産登記手続きは電子申告もできる

司法書士事務所に依頼する場合でも費用が大きく異なる理由の一つに、不動産登記手続きの電子化が進んでいる点があげられます。インターネット経由で手続きをすることで省力化が可能なだけでなく、各種証明書の発行も簡便になるからです。電子化を進めて費用を節減する事務所がある一方で、書面での手続きにこだわる事務所も存在します。

電子化のメリットは書類の提出や郵送をインターネット上のデータのやり取りで行えるため、費用の節約に貢献してくれることです。やり取りをスピーディーにすることも可能なため、コストダウンに貢献してくれます。

デメリットはコンピューターに関する知識がないと情報漏洩の恐れがある点や、手続き自体に慣れるまでに時間がかかる点です。書面での手続きにこだわる事務所が存在するのは、司法書士という仕事に確実性が求められるためです。

不動産投資の場合も、登記方法を自分で覚えてしまい自分で電子申告をしてしまう人もいます。不動産取引を活発に行っており、法人化も視野に入るような状態であれば利益に大きな差が出る可能性があるからです。

不動産取引の資格取得を前提に勉強する人もいますが、運営規模などによってメリットとデメリットの違いがはっきり出るため、初心者は避けた方が無難と言えそうです。

不動産登記は非常に重要な手続きであることから、些細なミスが引き渡し期間のずれや、余分な税の発生など様々なトラブルを招く可能性があります。確実に処理することと、どのような選択肢で費用を節約できるか知った上で手続きをすることが大切になるのです。

まとめ

不動産登記の手続きは司法書士に依頼するのが基本です。購入だけでなく売却時のことも考えて、個人的に相談できる司法書士がいた方がメリットが大きいということも頭に入れておきましょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら