不労所得を得るなら不動産投資がおすすめな理由 | 不動産投資を考えるメディア

不労所得を得るなら不動産投資がおすすめな理由

シェアする

不動産投資という言葉は知っていても、「不労所得」を得る手段と考える人はそう多くないかも知れません。この記事では、そういった方のために不動産投資で不労所得を得る方法やメリットなどをご紹介します。

不労所得の種類

不労所得の種類

働かなくてもお金が入ってくる「不労所得」を得たいと考えている人は多いと思います。まず不労所得の種類にはどんなものがあるのか見ていきましょう。

株に投資をして不労所得を得る方法

株に投資をした場合は、買っていた会社の株が上がるとその分が利益になります。そして、投資をした会社の株を持ち続けていると、年に何度か配当金が入ってきます。株は売買益と配当金の両方が不労所得になります。ただし、株を買っても価格が上がらなければ儲けは出ませんし、会社の業績が悪化すると配当金が支払われないこともあるので市場変動のリスクを常に抱えています。

ビジネスで不労所得を得る方法

コンビニの経営やフランチャイズ店の経営ならうまくいくと不労所得が得られます。また、ネットショップを経営したりアフィリエイトで儲けを出したりするのも不労所得を得る方法です。しかしコンビニの経営やフランチャイズ店の経営は、仕入れや人件費などの費用が常に発生するため、背負うリスクが大きいです。ネットショップの経営やアフィリエイトで儲けを出すことも、参入している人が多いため不労所得を得るのは簡単ではありません。

不動産投資で不労所得を得る方法

物件を取得して、人に貸した賃料が不労所得になります。人に貸している限りはずっと不労所得を得られるので、メリットは大きいです。株に比べると市場変動リスクは小さく、ビジネスに比べても費用のリスクを抑えることができます。また、ネットビジネスに比べると参加者が少ないため、競争が少なく成功しやすい世界です。

不動産投資で不労所得を得る4つの手段

不動産投資で不労所得を得る4つの手段

不動産投資で不労所得を得るには具体的にどんな方法があるのでしょうか。主な手段を4つに分けて説明いたします。

アパート・マンション経営

アパートやマンションを1棟まるごとまたは1部屋を区分所有して入居者からの家賃により不労所得が得られます。

駐車場・駐輪場経営

コインパーキングや月極め駐車場などの経営による駐車場利用料により不労所得が得られます。

テナント経営

テナント物件の種類は、ビルや商業施設や個人店舗など大小様々な物件があります。物件の規模やビルや商業施設の営業形態によって経営方法は変わってきますが、利用する企業や個人から賃料を支払ってもらうため不労所得が得られます。

トランクルーム・貸し倉庫経営

企業や個人が、会社や家に物を置くスペースがないと、トランクルームや貸し倉庫に物を預けるようになります。預かっている期間、使用料を支払ってもらうことで不労所得が得られます

以上の4つが不動産投資で不労所得が得られる主な手段となります。物件を所有している期間は、入居者や利用者がいるとずっと不労所得が得られるのはどの方法も同じです。またそれぞれの経営方法を見比べてみると、いざ物件を取得をしてからはほとんど何もしなくても収入が入ってくるため、不労所得を得たいのなら不動産に投資をするのが適していると言えます。

不動産投資は不労所得を得るメリット

不動産投資は不労所得を得るメリット

不動産投資をすると、毎月決まった金額の家賃収入が手に入ります。銀行にお金を預けても利子はほとんど付きませんし、毎月まとまった金額が手に入るのは夢のまた夢の話です。しかし不動産投資をすると、入居者がいる限り安定した家賃収入を得られますので、自らが働かなくても確実にお金が手に入ります。

不動産投資を始めることで、新たに人を雇ったり自らが管理をしなければいけないなどと言うこともありません。管理は管理会社に任せることで、経験のある担当者が管理を行います。また、管理会社に任せることで自らは他の事業や仕事に集中できるため、さらに不労所得を得られるように働くこともできます。

1つの不動産の経営がうまくいくと、他の不動産投資の経営にも手を出してみようと考えます。経営がうまくいったノウハウを生かして他のマンションやアパートの経営をすると、さらに新しく取得したマンションやアパートの経営もうまくいくことが予想されます。そして、また新たな不労所得を生むという好循環になります。不動産投資の際の建物の耐久年数は、鉄筋コンクリート建てで47年、鉄骨建てで34年とそれぞれ30年以上の耐久年数を誇っています。

つまり、1度物件を取得すれば、長期に渡り保有できます。株を保有しても、途中で保有している会社から配当がもらえなくなったり、会社が倒産してしまったりするリスクは大いにあります。そのことから比べると、不動産投資は取得する物件のタイミングにもよりますが、数十年間は建て替えをすることなく保有できて、その間は家賃収入等による不労所得が継続的に手に入るためメリットのある投資だと言えます。

忙しい人こそ不動産投資で不労所得

忙しい人こそ不動産投資で不労所得

株とビジネスと不動産投資で不労所得を得ることについてそれぞれ紹介しましたが、不動産投資で不労所得を得るのは忙しい人にこそ向いているのです。たとえば株で不労所得を得るのなら、情報をチェックする時間が必要です。投資をした会社の日々の株価はどうなっているのか、同業種の会社はどう動いているのか、突発的なニュースはないか情報をチェックして、株を持ち続けるのか売るのかを考えます。

このように情報をチェックする時間が多く必要なので、株で不労所得を得るのは忙しい人には向いていないと言えます。またコンビニの経営やネットショップの経営も全てを他人に任せることはできません。

コンビニ経営ならオーナーとして店に立たないといけない場合もありますし、日々の売り上げや経費を計算する必要もあります。ネットショップの経営も売上がアップする方法を日々考えて実践していかなくてはなりません。多くのビジネスは、まとまった時間を必要とするため忙しい人には向いていないことが分かります。不動産投資はそんな忙しい人が不労所得を得るために最適な手段となります。

不動産投資で不労所得を得るためには、賃料が長期間もらえる物件に投資をすることです。そのためには最初は多くの勉強をしなくてはなりませんが、勉強するのは物件を取得する前の段階です。物件を取得してからは管理会社に任せれば後は売上のチェックや経費処理などだけで、毎日の作業はほとんどありません。これらのことからも忙しい人こそ不動産投資で不労所得を得るのが向いていると言えます。

不動産投資は節税・税金対策にもなる

不動産投資は節税・税金対策にもなる

不動産経営で特に気になるのが税金ですが、実は税金面を考えても不動産投資には多くのメリットがあります。新たにマンションやアパートを取得する年は、取得する費用やその他の経費もかかってきます。それに加え、新築でマンションやアパートを建てた場合はすぐに入居者が集まらない可能性があります。

入居者が集まらなくて大きな利益が出ないのなら、当然ながら税金も支払う必要もありませんので、マンションやアパートを建てた最初の年は節税効果が大きくなります。もし、サラリーマンをしながら不動産投資を行う場合は、給与+不動産経営収入が合算されて税金が計算されます。不動産投資を行う最初の年は、不動産に関わる経費が大きくなるため、給与にかかる税金も少なくてすむ可能性が大きいと言えます。

サラリーマンの副業を認めていない会社も存在しますので、そのような会社に勤めているサラリーマンにも最適な投資方法と言えます。取得した物件が古くなるにつれて、減価償却としての費用が認められます。減価償却費とは、物件の価値が次第に下がっていくことを考慮して年々大きくなっていく費用として認められています。

つまり、実際に費用はかかってなくても経費として計上できるため、家賃収入は横ばいでも経費として認められる金額が増えていけば、投資を行っているが年数が経つにつれて税金は安くなっていき、結果として収益が大きくなるメリットがあります。もちろん、家賃収入が上がっていけばその分だけ収入も増えていきますので、経費だけにこだわる必要もありません。

不動産投資はやり方次第で安定経営できる

不動産投資はやり方次第で安定経営できる

アパートやマンション経営者の中には、何らかの事情により物件を手放したいと考えている人もいます。その理由は様々ですが、不動産投資はうまくいっているけど事情があって現金が必要な場合や、遺産として不動産を現金に変えておきたいなど、安定して家賃収入が出ている物件を手放すことがあります。このような利益の出ている物件を運よく取得できれば、以前からの入居者の家賃収入が簡単に手に入ることで安定した経営が見込めます。

さらに、それまで安定して家賃収入を得ていた中古物件は新築の物件と比べて、急に家賃収入がなくなる可能性も低いです。将来に渡ってある程度の家賃収入の計算がたちますので、確実に不労所得を手にしたい人や、不動産投資をこれから始める人にとっては中古物件に投資をするのもいい方法です。他にも、地域によっては安く投資ができる物に巡り合う可能性が高いのもメリットです。

安く投資ができるから赤字になるのではないかと思われるかもしれませんが、大きな利益が上がらなくても安定して利益の見込める投資方法はあります。たとえば、駐車場に投資するのがその一つです。駐車場投資は、土地代と整備費用を負担するだけで投資が行えるため、マンションやアパートの投資に比べると金額を抑えて投資ができます。

そして、立地条件さえ問題なければ安定して利益を上げ続けてくれることや、時間制のコインパーキングで経営することや、月極めで経営するなど経営方法も環境の変化に合わせて経営ができるため、リスクを最小限に抑えた投資ができます。

不動産投資は不労所得に最適

不労所得を得るなら、リスクや手間・時間も総合的に考えると不動産投資がおすすめです。不動産経営には様々な手段がありますが、どの方法からも不労所得が得られます。さらに不動産投資では節税効果など様々なメリットがありますので、不労所得に興味がある方は不動産投資も1つの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

各種お問い合わせやご相談はこちら