初心者が副業で出来る不動産投資のメリットとリスク | 不動産投資を考えるメディア

初心者が副業で出来る不動産投資のメリットとリスク

シェアする

不動産投資と言うとお金持ちの特権と言うイメージがどうしても付きまとい、初心者お断りといったイメージがあります。しかし、実際にはサラリーマンが副業で不動産投資を行っているケース、少額資金や頭金0円で始めた方も多数います。この記事では、初心者の方に向けて不動産投資の魅力をお伝えしていきます。

初心者が副業で投資するメリット

初心者が副業で投資するメリット

不動産投資の初心者で現在の職を投げうって本業として不動産投資を行っていこうという人はほとんどいないでしょう。多くの人はサラリーマンといった形で毎月給料を受け取る給与所得者で給料の他に収入源を手に入れたいということで、不動産投資に興味を持っているのではないでしょうか。

さまざまな投資が世の中にはありますが、不動産投資については手間が少なくて、本業を持っている人でも手掛けやすいものになります。一度不動産を選定して、その不動産を購入してしまえば不動産投資の大部分は完了です。その後の入居者とのトラブル、クレーム対応、家賃の集金といった手間がかかる作業は全て賃貸管理会社に依頼すれば問題ありません。したがって、忙しいサラリーマンが副業として手掛けることも可能な投資方法が不動産投資になります。

また、不動産投資については給料以外の副収入が得られることに加えて、節税ということを考えてもメリットが大きい方法になります。例えば、不動産投資を始めたばかりの段階ではさまざまな諸経費がかさむわりに収入が少なく、赤字になることも多いと思います。

ただ、この赤字を利用して、節税するという方法があります。具体的にはサラリーマンとしてもらっている給与所得と相殺することにより、自身の所得の金額を減らすことが可能になります。例えば、給与所得が500万円で、不動産所得が300万円の赤字なら、その年の所得は「500万円-300万円=200万円」として申告することが可能です。

人生の保障としての不動産投資

人生の保障としての不動産投資

ところで、人生で何かあった時のための保障として生命保険をかけているという人も多いのではないでしょうか。また、高齢者がもらう年金も高齢者の生活を支えるための一種の保障制度になります。加えて、日々の生活の保障のためにコツコツと貯金して資産形成に努めている人もいるでしょう。このような人生の保障はさまざまな手段で実現することが出来ますが、不動産投資を行うことも人生に保障をかけるための一つの手段になります。

まず、不動産投資のために物件を購入した場合、多くの人がローンを組むことになります。このローンについても自宅を購入したときと同様に団体信用生命保険というものに加入することが出来ます。この団体信用生命保険というのはローンの支払い義務がある人が死亡・高度障害などの理由で収入の道が閉ざされた時に、ローンの支払い義務が免除されるというものです。

これにより自分が死亡した場合、生命保険金の代わりとして不動産投資物件を家族に残すことが可能になります。また、不動産投資物件から入ってくる家賃収入は遺族年金としても利用することが出来ます。

加えて、不動産投資で手に入れることが出来る家賃収入は老後の年金の代わりにもなります。今後日本が高齢化社会になるにあたって、年金が増えるということは想像できません。したがって、今の水準よりも年金は目減りすることを考えておいた方が良いでしょう。

この場合、不動産投資によって得られる家賃収入が目減りする年金収入を補う役割を果たします。また、老後のために貯金をしているという人もインフレには対応できません。対して、インフレにも対応できるというのが、不動産投資の強みになります。

実は株式投資よりもリスクが低い?!

実は株式投資よりもリスクが低い?!

次に不動産投資初心者に押さえておいてほしいのは不動産投資というのは実はミドルリスクの投資であって、株式投資などよりもずっとリスクが少ない投資であるということです。

不動産投資初心者はよく株式投資は投資の中でも安全な投資であり、不動産投資はリスクが大きいと勘違いしている場合がありますがこれは間違いです。株式投資については投資した株式が倍以上の値段になって、大儲けすることもできます。ただ、株式投資がハイリスクなのは投資した会社がつぶれてしまった場合、その株式が紙くず同然になってしまうことがあるということです。

したがって、投資したお金が全く帰ってこないというリスクがあるのが株式投資になります。これに対して不動産投資のリスクとしてはアパートを経営して全く入居者が入らず家賃収入が入ってこないというリスク、不動産の価格がどんどん下落していき、購入時の値段よりも下がってしまうリスクといったものがあります。

不動産投資は、初期投資が比較的高額になる傾向があるものの、少なくとも投資した不動産物件は残っています。したがって、株式のように投資した資金が全くゼロになってしまうということはまずありません。その点で不動産投資はミドルリスクの投資であると言えます。

ところで、初心者は不動産投資には多額の初期費用が必要になると考えているかと思います。これが不動産投資に二の足を踏ませる要因にもなっていますが、現在は不動産投資のためのローンなども整備されており、2,000万円貯めるより、2,000万円の不動産を手に入れる方が簡単になっています。いずれにしても、投資のリスクを負いたくないなら、不動産投資を検討するのも一つの手になります。

まとめ

不動産投資は難しい印象がありますが、初心者が副業で行うこともできる投資です。自分は初心者だから…と諦めるのではなく初心者だからこそ貪欲に情報を取り入れ、不動産投資への道を切り開くことが大切なのです。

各種お問い合わせやご相談はこちら