アパート経営のための良いセミナーの選び方 | 不動産投資を考えるメディア

アパート経営のための良いセミナーの選び方

シェアする

アパート経営をはじめるにあたって、セミナーで学ぶことは重要なことです。ですが、アパート経営のセミナーといっても巷には多種多様なセミナーが溢れており、実際にどのセミナーを選べばいいかなど初心者の方には難しいのではないでしょうか。この記事では、アパート経営のためのセミナーの選び方についてご説明しています。

アパート経営のセミナーは非常に種類が多い

アパート経営のセミナーは非常に種類が多い

不動産投資が注目される中でアパート経営に関するセミナーも増えています。覚えておきたいのは、セミナーはテーマを絞ったものが多いということです。初心者向けのセミナーから、ある程度経営の実績を積んだ人向けのものまで非常に幅広いため、どんなセミナーに通うかによって身につけられる知識が異なります。

また、セミナーで学べるものは一般的な常識や知識についてが中心になります。相続税対策に絞ったセミナーなどもありますが、個人の事情と合致するとは限らないため実際に資産を計算するなど確認作業も必要です。セミナーが想定する層と自分のマネースケールが一致しない場合もあるのです。

セミナーによっては質疑応答の時間が長く取られている場合もあります。この場合は質問を用意するなど事前の準備も大切です。漠然と参加しても得られるものは少なく、それだけアパート経営を開始するまでの時間が掛かります。メリットとデメリットの比較を行い、アパート経営に踏み出すか、避けるべきか判断するためにも少しでも情報を集める姿勢が大切です。

ポイントになるのが人材の交流です。セミナーから人脈を広げて、有力な投資先を探す人も多く不動産会社の紹介を受けられる場合もあります。セミナーの主催や講師が信用できると思った場合は、別途コンサルタントを依頼する方法もあります。ただし、有料と無料の範囲がはっきり分かれることが多く、不動産コンサルタントを雇うとかなり費用が掛かる場合があります。コンサルタントの能力で大きく収益力が変わることも珍しくないのです。

一流企業のセミナーが良いとは限らない

一流企業のセミナーが良いとは限らない

アパート経営のセミナーに参加する場合は、主催が一流企業だからよいとは限らない点に注意が必要です。大手不動産会社は定期的に不動産投資のセミナーを開いているケースが多くなりますが、多くが初心者向けになっています。また、収益をあげた例に自社物件などを利用する場合があり、比較の範囲が狭くなってしまう可能性があるのです。

大手不動産会社を利用するメリットは、土地の購入から建物の建設、販売管理、修理や売却まで一挙に行うことができる点です。一方で系列企業などを中心に作業が進むため、コストダウンのための競争が働きにくく、かえって高上りになってしまう事があるのです。長期の一括借り上げを前提に高利回りを保障している場合もありますが、実際には数年ごとに家賃の見直しが発生する場合が珍しくなく、収益力の低下が顕著になるケースもあります。

多少面倒であっても自分で管理会社などを選んだ方がコストダウンにつながることもあるため、一流企業だから高い利回りを保証してくれると言う前提は捨てる必要があります。付加価値を高めるために部分的に利用するのは非常に有効で、あくまで比較対象として利用した方が良いのです。

大手企業以外のセミナーに参加した場合は、内容によっては想定利回りが市場平均よりも大きくなることがあります。ただし、想定利回りが高くなる場合は自分でリスクを背負う部分も大きくなりがちなことも理解する必要があります。説明不足な部分を自分で埋めなければ、マイナスになってしまう場合もあります。
初期投資の費用や回収にかかる期間などのリスクを踏まえた上で、総合的に判断する材料にするのが基本なのです。

セミナーの開催履歴や口コミも確認する

セミナーの開催履歴や口コミも確認する

アパート経営のセミナーに参加する場合は、主催会社の口コミや講師の経歴、開催頻度などを調べるのが基本になります。アパート経営は初期投資額が大きくなる傾向があるため、それを利用した詐欺や悪質なセミナーも存在します。危険を避けるための事前の調査も必要なのです。

簡単な口コミ程度であればインターネットでも検索することができます。会社名などで検索を行い、ポジティブな情報が多いかどうかは必ず確認したいポイントです。不自然に実績を強調している場合は疑ってみるのも方法で、会社の設立年数なども含めてしっかりと調べていく方法もあります。

開催履歴を調べて、あまり遡れる情報がないのであれば避けてしまうのも方法です。講師が魅力的など特筆すべき点が無ければ参加するだけ無駄になることがあるからです。無料で参加できるからともったいない精神で参加しても得られるものは少なく、時間の浪費になってしまう場合があります。より確実な情報を得られるセミナーに能動的に参加した方が実入りは大きくなる可能性が高いのです。

セミナーに参加して、会員登録や物件の購入を即断即決させるようなことがあればほぼ悪質なセミナーと言えます。不動産投資はリスクを踏まえて慎重に検討するものであり、焦って契約するものではないからです。検討の時間を与えない手法は詐欺の常套手段であり、商取引に関する法律に違反する可能性もあります。

セミナーはあくまで不動産投資を始める入り口に過ぎず、足りない部分は自分で学んでいく必要があります。判断能力を磨き、自分なりのメリットを見つけに行く場であり、アパート経営に直結するとは限らないのです。

不動産投資セミナーに関しては、こちらの記事もおすすめです。

各種お問い合わせやご相談はこちら