アパートオーナー必見!経営に役立つ国家資格 | 不動産投資を考えるメディア

アパートオーナー必見!経営に役立つ国家資格

シェアする

アパートを不動産会社の力を借りず自分で経営するためには、まずアパートオーナーが担う役割を知っておかなければいけません。アパートオーナーが日常的に行う業務の中でよく知られているのが「入居者の家賃の管理」「アパートの清掃作業やメンテナンス」です。

また、アパート経営には表立った作業だけではなく「収支の管理」「納税に関する書類の作成」「修繕費用の積み立て」といった事務作業も加わってきます。また傷んだ箇所の修繕からクレーム対応までオーナーの仕事は多岐に渡ります。

この記事では、自力でアパート経営を目指すアパートオーナーのために取得しておくと役立つおすすめの国家資格をいくつかご紹介いたします。

アパート経営に役立つ国家資格

アパート経営に役立つ国家資格

宅地建物取引士

アパートを経営していく上で持っていると役に立つ資格の筆頭に挙げられるのは宅建と呼ばれる国家資格の「宅地建物取引士」です。宅地建物取引士の資格は国家資格の中でも特に人気があり、テレビCMで有名な通信教育にも宅建の講座が設けられているほどです。宅地建物取引士の資格は不動産の売買や賃貸の仲介を行う上で欠かす事のできない資格となっています。

法律に基づいて、物件を探しているお客様に向けてより良い助言をするのが宅地建物取引士の主な仕事です。また、物件の契約前にお客様に登記やアパートの管理規約、契約更新や解約時の手続きといった重要事項の説明ができるのは宅地建物取引士の資格を持っている者に限られているのです。

宅地建物取引士の資格を持っていると不動産業を開業する事ができるだけでなく、法律にまつわる知識も得る事ができますので不動産投資を行う時にも役に立つでしょう。宅地建物取引士の資格は年齢・学歴問わず誰でも受験する事が可能で実務経験も不要ですのでどんな方でも取る事ができる資格です。

マンション管理士

アパート経営に役立つ資格は他にもあります。その1つが「マンション管理士」です。マンション管理士という資格の名称ではありますが、もちろんアパート経営にも役に立つ資格です。マンション管理士はマンションに関する法律を専門的に学び管理組合や住民から寄せられた相談に乗ったり、アドバイスや指導を行うのが主な仕事です。

その他にもアパートの住民同士のトラブルの解決、大規模な修繕工事が必要になった際の計画や実施などがあります。宅建と比較すると合格率は低い資格ですが、その価値は高いと言えるでしょう。

資格のダブル取得も可能

アパート経営に有利な資格とは?画像3

管理業務主任者

先ほどご紹介したマンション管理士と並んで人気があり、アパート経営にも役に立つ事が多いため同時に取得する方も多いのが「管理業務主任者」の資格です。2001年にできた比較的新しい資格ではありますが、国家資格の管理業務主任者はマンションの管理業者に設置の義務があり、マンションの管理業者が管理組合などに管理の委託契約を結ぶ際に重要事項の説明を行ったり、管理組合に管理状況を報告したりするのが管理業務主任者の主な仕事です。

マンション管理士のケースと同様に、委託契約の際の重要事項の説明は資格を持つ管理業務主任者しか行う事ができません。その他にもアパートに傷んだ所があり修繕が必要となった場合の業者の手配なども管理業務主任者が行います。

マンション管理士と管理業務主任者の資格の試験には似ている部分も多く、問題の傾向も重なっている事からこの二つの資格の勉強を並行して進めて両方の資格を取る方も多いといいます。ただしマンション管理士は実務経験がなくても資格の取得が可能ですが、管理業務主任者の資格の取得には実務経験が必要となります。

分譲マンションの管理事務を2年以上という実務経験の条件に満たない場合は管理業務主任者の試験に合格した後に「登録実務講習」を受講し、修了試験にも合格しなければなりません。マンションとアパートは混同しがちですが、賃貸アパートの管理業務は実務経験とはみなされませんので管理業務主任者の資格を取得する際には注意が必要です。

アパートのオーナーが担う役割

アパートのオーナーが担う役割

雇用情勢の不安定さに加えて年金などの社会保障もいつどうなるか分からない今、投資信託や個人向け国債、不動産投資といった資産運用に注目が集まっています。中でも不動産を所有し、入居者に貸し出すアパート経営は不動産会社にお願いすれば、入居時の審査や契約に関わる手続き、更新時の手続きやクレーム対応までの面倒な管理をオーナーの代わりに行ってくれます。仕事をしていて遠方に住んでいても経営できますし、初心者の方であっても始めやすいのがアパート経営と言えます。

しかし、不動産会社にアパートの管理を全て任せると毎年それなりの管理費用が発生します。自分自身で全ての管理が出来れば不動産会社に支払う費用は抑える事ができ利益もアップするでしょう。アパート経営に興味はあっても知識がなく、まず何から始めればいいのか分からないという方はアパートを経営していく上で持っていると役に立つこれらの資格を取得されることをおすすめします。

どの資格も取得するには時間や根気が必要となってきますが、収益アップの為、より良いアパート経営の為にもぜひこれらの資格の取得を検討してみてください。

各種お問い合わせやご相談はこちら