自己資金の少ないサラリーマンが融資を受けるメリット | 不動産投資を考えるメディア

自己資金の少ないサラリーマンが融資を受けるメリット

シェアする

不動産投資には融資が付き物ですが、サラリーマンにとって融資はハードルが高いイメージがあります。しかし、実はサラリーマンこそ有利な融資を受けられる存在なのです。この記事では、サラリーマンと融資の関係について述べていきます。

少ない自己資金で不動産投資

少ない自己資金で不動産投資

景気回復が叫ばれる中、サラリーマンの年収には改善の兆しが見えません。労働時間は伸びているのに給料は据え置きどころか下がることも珍しくなく、生活を上向かせるのは簡単ではありません。

政府は賃金の改善を促すべきなのに、何故かサラリーマンの副業を推奨するという的はずれな製作に力を入れています。仕事に追われるサラリーマンに副業する余裕など体力的にも時間的にもあるはずがなく、自己責任という積ンの押し付けが繰り返されるばかりです。

副業が難しいサラリーマンにとって投資は魅力的な選択肢です。中でも長期的に安定したり周りが見込める不動産投資はサラリーマンに向いている投資先です。株式投資のように売買判断も必要ないので、本業に影響をあたえることなく投資で副収入を得られます。

魅力あふれる不動産投資ですが、ネックになるのが資金です。不動産投資は最初に投資用不動産物件を購入するため、数千万円のまとまったお金が必要になります。数万円でも始められる株式投資と比べると不動産投資のほうがハードルが高いのです。

お金がないから不動産投資は無理、と諦める必要はありません。購入資金が用意できないのならお金を借りて投資物件を購入すればいいのです。銀行などの金融機関では不動産投資を対象にした専用ローンを用意しており、自己資金の少ないサラリーマンでも融資を受けて不動産投資を始めることができます。

融資を活用すれば大きく投資して高い利益を得ることもできます。物件購入に必要な大金を借りるのは簡単ではありませんが、うまく融資を受けることに成功すれば副収入の大きなチャンスが広がります。

サラリーマンは融資に有利な属性

サラリーマンは融資に有利

金融機関でローンを組むときは必ず融資審査が行われます。審査の基準となるのは属性と呼ばれるその人個人の情報で、属性の評価が高いほど有利な条件で融資を受けられ借入限度額も引き上げられます。

属性はいろいろな条件によって評価が決まるのですが、会社勤めのサラリーマンという立場は不動産投資用ローンの融資審査において非常に有利です。サラリーマンは会社から支払われる給料という安定した収入があるため、万一不動産経営がうまく行かなくても月々の返済が滞るリスクは高くありません。

不動産投資はオーナーの判断が影響するのは最初の物件選択時のみで、購入した物件を貸し出す際に経営手腕は全く必要ありません。管理会社や仲介業者に業務を委託してしまえば本人の能力とは無関係に不動産を運営できますから、本人の能力ではなく本業が安定しているという点で評価がプラスされます。

会社勤めであればなにかトラブルが生じても雲隠れされる恐れもありません。家族がいれば夜逃げされるリスクも低いので、不動産投資用ローンの融資先としてサラリーマンは高い評価を受けられます。

もちろん同じサラリーマンでも年収や役職が異なれば評価は異なります。勤続年数が高いほど属性の評価は高く、転職を繰り返していると評価は下がります。年収が高いほど返済能力は認められ、より有利な条件で融資を受けられる可能性は高くなります。

借入限度額は本人の属性だけでなく物件の評価も影響するので、必ずしも希望通りの投資用資金全額を融資してもらえる保証はありません。金融機関によっても評価は異なるのでローンを断られたからといって諦めず他の金融機関に相談しましょう。

融資を受ける際の注意点

資金の融資を受けるときの注意点

金融機関から融資を受けて不動産に投資する場合、返済不可能になると担保に設定した投資用物件の所有権は金融機関に移ります。物件の価格が下落していると不動産を手放しただけでは債務を全額返済しきれず借金が残ってしまいます。

決められた期限を守って返済するのは当然ですが、返済能力を考えて融資を受けないと生活に影響が出る恐れがあります。毎月の返済金額は不動産から得られる家賃収入以下に設定するのが基本ですが、返済期間を短縮して金利負担を抑えるなら返済額を高めに設定して給与収入からも返済に回すのもひとつの方法です。

初期の収益はマイナスになってしまいますが、わざと赤字経営にすることで節税効果が期待できます。ローン完済後は家賃収入は全て自分の収入になるので、長期的に見ればメリットの多い返済方法です。

借り入れ上限は融資を受けられる限度額ですが、限度額いっぱいまで借りるとそれだけ金利負担は重くなります。負担軽減を考えるならできるだけ自己資金をためてから不動産投資したほうが返済は楽です。今後収入が減るようなことがあった場合も考え、ある程度の余裕を見て融資額を決めてください。

不動産投資には初期費用以外にも維持管理のための経費がかかります。物件の種類や規模によっても異なりますが意外とバカにならず、甘く見積もっていると返済計画に支障をきたしてしまいます。初期段階でランニングコストを性格に見積もり、無理なく返済できる計画を立てましょう。

金融機関によっては不動産投資についても相談を受け付けています。候補物件を見つけたら金融機関の担当者に相談してみるのもいいでしょう。融資の話と合わせて総合的に相談してください。

まとめ

サラリーマンであることは、融資を受ける上でメリットが多くなります。「自分はサラリーマンだから」と諦めることなく、むしろサラリーマンである強みを活かすことで、他の投資家よりも一歩先を行くことも可能なのです。

各種お問い合わせやご相談はこちら