サラリーマン・会社員の不動産投資は管理委託でリスク回避できる | 不動産投資を考えるメディア

サラリーマン・会社員の不動産投資は管理委託でリスク回避できる

シェアする

サラリーマンなら管理委託できる物件を選ぶ

サラリーマンなら管理委託できる物件を選ぶ

サラリーマンや会社員は本業があるため不動産投資を行っても物件の管理が難しくなってしまいます。不動産は購入して終わりではなく、入居者の募集や家賃の振込確認や催促など様々な労力が必要になるからです。作業が多くなってしまえば本業に差し支える可能性もあるため、基本は物件の管理を委託できるかどうかで決めることになります。

最も初心者向けなのがマンションを個室で購入する投資法です。マンション1戸当たりの価格を考えれば、アパートの購入よりも安く済むため、リスク低減にもつながります。都心部であれば空室であっても賃料を保証する管理業者なども存在し、建物の管理から家賃の受け取り代行まで様々な業務を行ってくれます。まずは手間や労力やリスクが少ない所から経験を積んで不動産投資のノウハウを身に着けていくことをおすすめします。

ある程度運用の知識がつけば購入するマンションの戸数を増やすことや、アパート購入といった選択肢も出てきます。アパートは入居率が高ければマンションの個室投資よりも高い利回りを期待できるようになりますが、その分建物の立地などといったリスクにシビアになる必要があります。入居者が集まらなければそれだけ赤字になる確率が高まるからです。さらに築年数が古い建物であれば建て替えや補修などの費用も大きくなりがちです。また、不動産投資の融資を受ける際に投資経験を問われることもあるため、ハードルは高くなっています。マンションの個室経営であれば収入に応じた管理も柔軟に対応できるため、初心者の方はまずはマンション経営から始めてみるのがおすすめです。 

初心者は地方都市より都心部がおすすめ

初心者は地方都市より都心部がおすすめ

マンション投資を行う際にポイントになるのが利回りと物件価格です。一般的に地方都市の方が利回りが高く安価なマンションが多く、都心部は逆に利回りが低く高価なマンションが多くなっています。そうは言ってもすぐに地方のマンションを購入するのは危険で、なぜ利回りが高いのかを考える必要があります。地方は人口減少が顕著なところが多く、入居者を確保し辛いからです。さらに建物の老朽化が進んでいる物件もあるため、購入しても維持管理費が高くついてしまうこともあります。

地方であっても、人口流入が顕著な都市であれば安心して不動産投資が行えます。しかし、人口が減り続ける地域で利益を挙げるためには工夫と経験が必要になってきます。時間が限られるサラリーマンや会社員が工夫して経営するのは困難なため、人口減少が見込まれる地域に投資するのは非常に危険なのです。

投資物件の購入を検討する際は、人口増が続く自治体などを調べるのが基本になります。地価の上昇が続く地域も高い人気があり、逆に地価が下がっている場合は不動産投資のリスクも上がります。地価が下がっている場所でも一から物件を建築する場合はプラスになるこおもありますが、投資資金が限られるサラリーマンの場合には不向きなのです。

実際に物件まで足を運んで周辺を見て回ることも重要です。交通の便の良さや近くに生活に便利な施設があるかどうかは入居率に大きな影響を与えます。不動産投資は将来性を見据えて投資をする必要があるため、まずは都心部や人口増が見込める物件から投資をはじめ、大規模な建設を伴う投資は避けた方が良いのです。 

駐車場投資は利回りの低さに注意

駐車場投資は利回りの低さに注意

サラリーマンや会社員が不動産投資をするメリットの一つは、安定収入があるため銀行等から不動産投資の融資を受けやすいことです。マンション運営などは一戸ごとに住宅ローンを引き受けてくれる金融機関も多く、ローンをうまく利用した節税も運営の効率化に重要な役割を果たしています。一方でローンが十年単位になるなど、支払いが長引くことに不安を覚える人もいます。家賃収入があればプラスになることがほとんどであるものの、学資ローンなどの他のローンを組むタイミングを考えると難しい場合もあるからです。

低リスクで始められる不動産投資の中には、駐車場の経営が挙げられます。マンションやアパートのように初期費用がそれほど掛からないため、少ないリスクで始められるのが特徴です。中には土地を借りて駐車場経営を行い、安定した利益をあげている人もいます。

注意したいのは駐車場経営は利回りが低いということです。これは駐車場が更地と同じ扱いになり、高い税金がかかることがあるからです。利益の多くが税金で消えてしまうため、マンション投資などと比べると収益性は劣ります。

一方で、駐車場運営を行う人が絶えないのは、銀行預金などと比べれば高い利回りを確保できることです。ある程度資金が貯まった場合に改めて収益物件を建てるなど選択肢があるだけでなく、マンションやアパートよりも売却が簡単なことが多いのも魅力になります。
管理の手間もあまりかからないためサラリーマンや会社員でも始めやすく、マンション経営と並行して行うことでリスク分散などにも使いやすいのが特徴になっています。

まとめ

サラリーマン・会社員が不動産投資を行う場合、管理を委託して手間や労力、リスクを極力減らすことが重要です。利回りの高さよりも堅実さで選んだ方がメリットが大きい場合もあるのです。

各種お問い合わせやご相談はこちら