サラリーマンが不動産投資をするメリットとリスク | 不動産投資を考えるメディア

サラリーマンが不動産投資をするメリットとリスク

シェアする

「サラリーマン大家さん」と言う言葉が生まれて久しいですが、はたしてサラリーマンが不動産投資をするのは正解なのでしょうか?この記事では、サラリーマンが不動産投資をするうえでのメリットをご紹介します。

物件を準備した後は手間も時間もかからない

物件を準備した後は手間も時間もかからない

本業があるサラリーマンには投資に割けるだけの時間的余裕はありません。特に平日の日中は仕事に追われ投資に気を使う余裕など無いため、値動きの激しい株式投資や為替投資などはサラリーマンには不向きです。

不動産投資は最初の物件選びには時間がかかりますが、物件を選んでしまえばその後はほとんど手間も時間もかかりません。物件の管理や入居者募集などは管理会社や仲介業者が代行してくれるので、なにもしなくても毎月の家賃を受け取ることが可能です。

退去時などは多少時間を取られますが年に何度もあることではないので仕事の合間でも十分対応できます。物件維持に必要な修繕なども管理会社が代行してくれるので、オーナーとして支払いを済ませるだけでOKなのも大きなメリットです。

サラリーマンが副収入を得ようとする際に最大の壁となるのが本業との兼ね合いです。不動産投資は時間も手間も本業に影響をあたえることなく利益を得られる投資であり、仕事に追われるサラリーマンにはピッタリの投資先です。最初の投資物件選びだけはある程度時間をかけて良い収益物件を探す必要がありますが、土日を物件探しにあてれば仕事を続けながらでも問題なく物件を探せます。

不動産は他の投資に比べると安定性が高く、景気の変動や経済動向に一喜一憂する心配はいりません。長期的に見れば影響はありますが、大きなニュースがあったからといって突然入居者が退去することはまずないので経済動向が直接的に収益を脅かすこともありません。仕事中にいきなり呼び出されることもないので安心です。仕事と平行して無理なく続けていける不動産投資はサラリーマンにとってメリットの大きい投資です。

所得税や相続税を節税できる

所得税や相続税を節税できる

不動産投資によって支払うべき税金を少なくする事ができます。所得税はその都市の所得によって税額が決定しますが、不動産投資をしているサラリーマンは本業の収入である給与所得と不動産所得を合計した金額で所得税が決まります。もし不動産所得が赤字である場合はその分がサラリーマンとしての収入から差し引かれるため、所得税の課税対象となる所得が小さくなり税額も少なくなります。

不動産所得は家賃収入から必要経費を引いた金額です。認められる必要経費は建物の減価償却や修繕費、保険料や管理会社の管理料、物件にかかる税金や保険料、投資に必要な交通費や借入金の利息などです。不動産投資直後は利息や原価昇格費の負担などが大きいため節税効果も高く、不動産投資に伴う大きなメリットとなります。

長期的には収支が黒字転換し不動産所得からも所得税を払う必要があるものの、一定程度の所得税節税効果は期待できます。所得税の水準にによって決定する住民税も同じく節税可能です。

もうひとつ大きな節税効果が見込めるのが相続税です。相続税は現金の場合は額面通りに課税されますが、不動産の場合は実勢価格の7~8割程度の金額が相続税評価額になるため現金で持っているよりも不動産投資して物件を相続させたほうが相続税額は少なくなります。

さらに、不動産を他人に貸している場合は自由に使えない分が貸家権から差し引かれるため評価額はさらに下がり節税効果が高まります。相続税の物件評価は物件そのものの価値を判断するため物件の収益性は考慮されません。築年数の古い物件の場合は評価額が3分の1程度にまで下がるため相続税を大きく節税できます。

安定性が高く大損するリスクが低い

安定性が高く大損するリスクが低い

投資する上でもっとも気になるのがリスクです。せっかく大切なお金を投資したのに大損してしまっては大変ですが、不動産投資は他の投資に比べると大損するリスクが低く安定性の高い投資先です。

不動産投資では投資先が実体を持つ不動産物件です。株式投資や証券投資の場合は信用が損なわれる自体が発生すると紙くずになり無価値になってしまうリスクがあります。不動産投資の場合は何があっても実物不動産だけは手元に残るため、最悪の事態が発生しても全財産を失うリスクは回避できます。

地震や火事などの天災に対しては保険加入で損害を回避できるためリスクは高くありません。支払う保険費用に関しても必要経費として認められるので無駄な支出にはなりません。管理会社や警備会社に委託することで不審者による犯罪のリスクも回避できます。

ローンを返済し終わったら不動産物件の所有権は完全に自分のものになります。将来に資産を残すという意味では安定性の高い不動産投資は大きなメリットです。手に入れた物件から得られる不労所得は老後の年金代わりになるでしょう。もし老後にまとまったお金が必要な事態に迫られたら物件を売却することも可能です。

不動産投資は株式投資のように一瞬で多額の利益を得られない代わりに何十年単位で安定した収益が見込める投資です。人が生活する限り物件需要は無くなりませんから急激な収益変動が起きる可能性も低く、リスクは最低限に抑えられます。人口や立地などのファクターから将来の収益予測も立てやすいので、会社に長く勤めながら副収入を確保したいサラリーマンにはメリットの大きい投資です。

まとめ

忙しいサラリーマンにとって、手間がかからない上にローンを完済すれば自分の資産が増える不動産投資は大きなメリットがあります。投資というと株や為替というイメージがある人も多いですが、是非不動産投資も選択肢に加えてみましょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら