不動産投資を効率良く学ぶための4つの勉強法 | 不動産投資を考えるメディア

不動産投資を効率良く学ぶための4つの勉強法

シェアする

不動産投資を効率良く学ぶための4つの勉強法

不動産投資を始めるには、投資の基本的知識やノウハウを得るための勉強が欠かせません。しかし、不動産投資の知識が全くない初心者の場合、どのように勉強すればよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、不動産投資の勉強の中でも最もポピュラーと言われる4つの勉強法について、ご紹介いたします。

【その1】書籍で勉強する

不動産投資の勉強法の中で最も手軽に始められるのが、書籍で勉強する方法です。
今からほんの4~5年前までは不動産投資の書籍といえば専門的で難しいものが多かったのですが、現在では初心者向けのものも数多く出版されています。最終的には不動産投資のスタイルは人それぞれなので、自分の強みを活かした投資方法を選択することになると思いますが、最初はざっくりと知識を学ぶという意味では、初心者向けの書籍を選ぶことをおすすめします。書籍の評判や口コミというのは意外とアテにならないので、実際に書店に行ってその本を手に取ってみて購入するか判断しましょう。書籍は手軽に学べて便利ではありますが、結局のところ実際にやってみないと分からないことも多いため、あまり同じような系統の書籍を買うのはおすすめできません。まずは基礎的な知識を学ぶ書籍と、不動産投資家が書いた実践向けの書籍を最低1冊ずつ購入すれば良いのではないかと思います。

【その2】セミナーに参加する

不動産投資セミナーに参加することでも知識を得ることができます。
セミナーのメリットは短時間で様々な知識を身につけられるということです。書籍を読むのが苦手という人でも、セミナーであれば聞いているだけである程度知識を得ることができます。また、講師と直接会ってセミナーの種類によっては質問もできるというのも大きなメリットです。講師が不動産投資家であれば、実体験を聞くこともできますし、もし知り合いになることができればより多くの情報を得ることも可能となります。
最近では、セミナーで繋がった不動産投資家同士が個別に勉強会や懇親会を開いているケースも少なくありません。そうした繋がりができるのもセミナーがきっかけになっていることが多いので積極的に参加をしましょう。
セミナーの参加費は無料と有料の2つのタイプがあります。不動産投資のセミナーのほとんどが無料セミナーになり、無料セミナーの多くは不動産会社が主催しているケースが多いです。セミナー後の個別相談会で投資物件の紹介やセールスが行われるのが一般的ですが、個別相談会や投資物件の紹介がメインとなるため、セミナー自体の内容は薄くなる場合もあります。
そのため、無料セミナーに参加するのであれば、不動産投資の情報を事前にある程度書籍などで学んでおいた方が、質問もしやすく、知識も得やすいでしょう。有料セミナーでも会場費程度の参加料を徴収するところが多くなっていますので、最近ではあまり内容に差は見られません。セミナーの種類は、区分マンション投資、一棟アパート投資、民泊、不動産投資法人のスキームを利用した投資方法、税金対策など様々なジャンルがあり、それぞれの不動産会社の強みを活かしたセミナーになっていますので、自分の学びたい分野の内容を選び、目的を持ってセミナーに参加するようにしましょう。

【その3】サイトやブログで勉強する

不動産投資についてまとめたサイトや現役不動産投資家のブログも情報収集に役立ちます。不動産投資サイトは、知りたいことがすぐにわかる構成になっていることが多いため気軽に情報収集をするのに最適です。
しかし、情報量としては足りない場合や片寄った内容なこともあるため、書籍などで補完するようにしましょう。まとめサイトもいいですが、市場の動向や業界知識などが掲載されたサイトなど専門性の高いサイトもチェックしましょう。投資家のブログは、自身の実体験や情報をリアルタイムで読めるので魅力的ですが、常に正しいことを言っている訳ではないということを必ず心に留めておきましょう。
情報商材やDVDは、セミナーのようにわざわざ会場に出向かなくても自宅で好きな時間に勉強することができますが、ほとんど役に立たない内容のものも多いため、実際に購入する前には、書籍を参考にしたり先輩投資家の意見などを聞いて自分のためになりそうかどうかで判断するようにしましょう。

【その4】コミュニティに参加する

先輩不動産投資家のコミュニティには「大家会」や「大家塾」などがあり、全国各地で活動しています。
大家会と言っても賃貸経営をしている現役大家さんだけではなく、これから大家さんになろうとしている人でも参加することができます。中には本を出版したり、テレビ番組に出演したりしている著名な大家さんが参加している会もあります。大家会や大家塾では定期的にセミナー・勉強会・親睦会が開催され、会員同士で情報交換をしたり、交流を図れる場が提供されています。参加の敷居も低いことが多く、初めての人でも楽しめるところが嬉しいところです。
コミュニティ最大のメリットは、何といっても先輩大家さんの生の声を聞けることです。大家さんの体験談や失敗談、悩み、トラブルなどの具体的な話を聞く機会など普通はなかなか無いと思います。実際の大家業がどんなものなのか知ることは、これから大家になろうという人にとって大変参考になるでしょう。コミュニティにはサラリーマンや公務員、個人事業主、主婦など様々な属性の人が集まっています。
また、先輩大家さんが扱っている投資物件の種類や規模もそれぞれ違っています。成功者の手法やノウハウを学ぶのであれば、できるだけ自分に近い属性の人を選ぶことが成功の秘訣です。会員数が多いコミュニティであれば、成功者の中から自分が参考にできそうな先輩投資家がきっと見つかるはずです。
さらに、コミュニティに参加することで人脈が格段に広がる可能性があるということもメリットの1つです。大家さんを始めとした不動産投資に携わる知り合いが増えると、思わぬところで有益な情報やアドバイスを得る機会があるかも知れません。不動産投資をする上で人脈はとても重要なので、人脈づくりに悩んでいる方は是非コミュニティへの参加を検討してみてください。

【まとめ】

不動産投資の勉強法には、主に書籍・セミナー・ブログ・コミュニティを利用した方法があります。それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、いくつかの勉強法を同時並行して進めると格段に理解が深まります。初心者の方には大家会や大家塾といったコミュニティへの参加もおすすめします。先輩大家さんとの交流は学ぶところが多く、不動産投資に必要な情報収集や人脈づくりをスムーズに進めてくれることになるでしょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら